20代の頃4ヶ月間の入院生活を経験

私は20代の頃に交通事故で足を骨折してしまい、4ヶ月間の入院が必要になったことがあります。
ベッドの上であまり動かない生活をしていましたし、友人や家族から差し入れてもらうお菓子や果物などを食べていたので、あっという間に太ってしまったことを覚えています。
足の怪我が改善した頃には、10キロも体重が増えており、初めて肥満の悩みを抱えることになったのです。
医師にも、標準体重に戻しなさいと注意されたので、足の負担を減らすためにダイエットにチャレンジしました。
天気の良い日は、毎日1キロから1.5キロ程度の距離をウォーキングしたり、間食を控えるようにして、栄養のバランスの良い食事をきちんと摂るようにしたら、半年で5キロ近く痩せていました。
5キロ近く体重が減ると、見た目の印象が良くなったので、自信が持てましたし、腰痛や膝痛なども改善したので、健康のために標準体重を維持することは大切です。
その後20年近くが経って、40代に入り更年期の年代になったので、以前と同じ量の食事を食べていると太りやすくなったため、1キロ体重が増えたら、筋トレやヨガなどの気軽にできる運動を続けています。
今までいくつかのダイエット法を経験しましたが、無理なく、長く続けられる方法を選ぶ必要があると実感しています。
年齢を重ねると基礎代謝が落ちてくるので、筋トレなどの運動をして、体の筋肉量を増やすことも大事です。
若い頃は中年期よりも痩せやすいですから、早めにダイエットにチャレンジをしておくと後で大変な思いをしなくても済みそうですね。


Warning: Missing argument 1 for cwppos_show_review(), called in /home/users/2/cranky.jp-aprbckl14/web/fukuou.biz/wp-content/themes/flat/content-single.php on line 29 and defined in /home/users/2/cranky.jp-aprbckl14/web/fukuou.biz/wp-content/plugins/wp-product-review/includes/legacy.php on line 18